PAGE TOP

腎臓病食の具体的な食事療法

腎臓病の宅配食を調べました

あなたがチェック中の腎臓病宅配食の新しい情報を提示している情報サイトです。なおかつ、あなたに是非知ってほしい腎臓病宅配食の重要な情報も掲載しております。早急にクリックしてください。

腎臓病食の具体的な食事療法
体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分に変換した場合30〜40gとなります。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、体調を良好に保つことにあります。透析の要らない保存期のうちは、食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、透析を始める時期を遅くしていけます。この他、透析を要する状況となっても、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、前向きにこれらの管理を行うことでCKDの悪化を抑制できます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見受けます。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理を行う際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。食事を元にして得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えてもらいながらいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つために必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、加工していない生の野菜や果物よりもそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものには意外にたんぱく質が多く含まれています。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が入っています。
関連記事
inserted by FC2 system