PAGE TOP

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出される

腎臓病の宅配食を調べました

あなたがチェック中の腎臓病宅配食の新しい情報を提示している情報サイトです。なおかつ、あなたに是非知ってほしい腎臓病宅配食の重要な情報も掲載しております。早急にクリックしてください。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出される
人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で言えば30〜40gに相当します。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作る働きをしたり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。開業医さんで食事指導を受けられないときは、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったより沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が含有されています。一日の食事の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、なるべく腎臓病を悪化させない事と、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を試みる事で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は大きな意味を持ちます。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、個々の食品や調理を行う際の形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較すると大概はカリウム含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。
関連記事
inserted by FC2 system