PAGE TOP

腎臓病は完治しないので進行を食い止めることが大事

腎臓病の宅配食を調べました

あなたがチェック中の腎臓病宅配食の新しい情報を提示している情報サイトです。なおかつ、あなたに是非知ってほしい腎臓病宅配食の重要な情報も掲載しております。早急にクリックしてください。

腎臓病は完治しないので進行を食い止めることが大事
クレアチニンは筋肉中に存在している物質から造り出される老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と共に体外へ出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が増加するので、クレアチニン値が低くなります。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病を極力進行させない事と、体調を良好に保つことにあります。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法によって腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は非常に重要な治療法です。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。とってもの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになります。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多く入っているのです。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質が内包されています。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので血液の濾過作用が上手くおこなわれず、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に加算されていきます。その結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く惧れがあります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を維持することが必要となります。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で捉えれば30〜40g程と言えます。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品自体がもつ全ての水分と考えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限が必要になるのは塩分のみです。水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自分勝手な制限はしてはいけません。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事をつくる場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの水量・形状・処理時間次第で変動します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。日々の食事で得立たんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らない訳にはいけません。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理につながります。腎臓の機能が落ちていく程、より厳しく食事を制限しないといけません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。独断で食事プランをたてずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。
関連記事
inserted by FC2 system