PAGE TOP

腎臓病は食事療法が非常に大切です

腎臓病の宅配食を調べました

あなたがチェック中の腎臓病宅配食の新しい情報を提示している情報サイトです。なおかつ、あなたに是非知ってほしい腎臓病宅配食の重要な情報も掲載しております。早急にクリックしてください。

腎臓病は食事療法が非常に大切です
腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になります。透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることができます。実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析をつづけていくために、ご飯療法は重要視されます。徹底したご飯療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)に変わります。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。非常にうまくいくと、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせられたりするのです。ご飯療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。ご飯療法は、患者自身が自ら積極的に取り組める最善の手法になります。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に達してろ過された後他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に限っては分解されても約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで多少なりに腎臓に負荷が生じます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で言えば30〜40gに相当します。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が下がっていくに従い、今よりも力を入れてご飯を管理する必要があります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限が加わります。自分で勝手にご飯内容を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。ご飯によって獲得したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に悪影響(予防することで悪い影響を受けずにすむでしょう)を出します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしましょう。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い味付けの食べ物には思ったより多量のたんぱく質が入っています。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して造られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が含有されています。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品自体がもつ全ての水分と考えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分制限だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので独断で制限をおこなう事は危険です。カリウム(肥料としてもよく使われています)は水に浸透しやすい事から野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でた場合に除去できるカリウム(肥料としてもよく使われています)量は、個々の食品や調理をおこなう際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に加算されていきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しいご飯療法の元一定量を常にキープする事が入り用なのです。
関連記事
inserted by FC2 system